メニュー

レーザー治療

当院では網膜疾患に対して
マルチカラーレーザー

後発白内障や緑内障に対して
YAGレーザーでの治療を行っております。

網膜光凝固術

治療の対象となる主な疾患

  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈閉塞症
  • 網膜裂孔

image26

レーザーで網膜を焼き固めることで大出血を起こし得る新生血管の発生や裂けて出来てしまった裂孔の拡大を防ぐ目的で行います。レーザーを広範囲に行う場合は通常数回に分けて治療します。

後嚢切開術

これは白内障術後に出現することのある後発白内障に対する治療です。
後発白内障とは水晶体を包んでいた後ろのふくろが濁ってきて視力が低下してくるものです。YAGレーザーを使ってその濁ったふくろを破り穴を開けます。痛みも無く翌日には見えるようになります。

虹彩切開術

閉塞隅角緑内障に対する治療です。

image18

閉塞隅角緑内障では目の中を満たしているお水(房水)が目の外に流れ出る出口(隅角)が狭くて塞がっているため流出が妨げられて眼圧が上昇します。急に上昇した場合は失明する危険があり緊急にレーザーを施行しなくてはならないこともあります。
レーザーで虹彩に小さな孔を開けて流れのバイパスを作り、塞がっていた隅角に房水の流れるスペースを作ることを目的に行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME