メニュー

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症ってどんな病気?

image3網膜はカメラで言うとフィルムに当たるところでそこに像が映し出されます。網膜を栄養している血管が網膜動脈であり網膜静脈は一部一緒になって走行しています。網膜動脈に動脈硬化があると下を走っている網膜静脈を圧迫して流れをせき止めてしまいます。そうなると行き場をなくした血液は血管から漏れ出てしまい網膜に出血を起こすのです。

網膜静脈閉塞症には2種類あり1つは網膜静脈分枝閉塞症と言って網膜内で枝分かれした静脈が閉塞するもので割と多くみられます。もうひとつは網膜中心静脈閉塞症と言って枝分かれする元の静脈が塞がってしまうものです。

image34

どんな症状があるの?

image36

なんとなく一部分が暗く感じたり欠けて見えたりします。中心まで出血が及ぶと視力が低下したりかすんで見えたりします。中心静脈閉塞症の場合は急激に視力が下がります。

どんな治療するの?

出血の場所や程度によって様々な経過を辿ります。視力の低下がない場合は経過観察になりますが、視力の低下があり網膜の中心(黄斑)にむくみがある場合にはむくみを抑制する薬剤を目に注射します。黄斑のむくみが長引くと視力の回復がし難くなるので時期を逃さない必要があります。

また時間が経つと網膜の血液循環が悪くなり虚血状態になります。虚血になった網膜からは毛細血管の代わりに新生血管が生えてきます。この血管は本来の血管ではないので脆く、すぐ出血を起こしたり網膜剥離を引き起こしたりします。そのような理由から新生血管が生えて来ないようレーザーで予め網膜を焼く治療を行います。

アドバイス

この病気はすっきり完治するのがなかなか難しいのが特徴です。動脈硬化が基礎にあるので目の病気というより血管の異常ですので生活習慣病の予防がそもそも大切です。高血圧 糖尿病のある方は見え方に異常を感じたら放置しないでなるべく早く眼科を受診しましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME