メニュー

近視

近視とは?

近視とは眼球が前後方向に長くなることで目の中に入った光が網膜(カメラで言うフィルムにあたる)より前でピントが合ってしまう状態を言います。網膜上にピントを合わせるためには凹レンズの眼鏡を使って屈折を弱めることで鮮明に見えるようになります。
近視には単純近視と病的近視があり、単純近視とは眼鏡等で容易に矯正できるもので所謂学童近視もこれに含まれます。病的近視は眼球後部の変形を特徴としそれに伴い視神経や網膜が機械的に障害され失明を起こします。

どうしてなるの?

近視の発症には遺伝的要因と環境的要因の両方が関与すると考えられています。環境因子としては近業や屋外活動の関与が報告されています。
病的近視は遺伝的要因が強いことが解っていますが決定的な遺伝子解明までには至っていません。さらに単純近視と病的近視は同じ要因によるものなのかどうかも明らかになっていません。

近視は治るの?

眼軸長が伸びたことによる近視は根本的に外科的治療以外で治すことは出来ません。よって予防が大切です。現在近視の進行を抑えるため様々な研究が進められています。代表的なものをいくつか挙げておきます。

image56

⒈眼鏡による予防

累進屈折力レンズ眼鏡(いわゆる大人の遠近両用眼鏡)をかけることで調節を減らし眼軸長が伸びるのを防ぐものですが抑制効果は10%位といわれています。

⒉ソフトコンタクトレンズによる予防

多焦点ソフトコンタクトレンズによって周辺部網膜の焦点ボケを軽減し眼軸の延長を抑える方法ですが十分なエビデンスは得られていません。

⒊オルソケラトロジーによる予防

カーブの弱いハードコンタクトレンズを就寝中に装着して角膜の形状を変えることで眼軸の延長を抑える方法ですが抑制効果は30%程といわれています。ただ管理が難しく合併症のリスクも高い方法です。

⒋低濃度アトロピン点眼による予防

アトロピン点眼は毛様体筋の調節を弱めることで近視の進行を抑制することが分かっています。ですがその効果は人によりばらつきがあり一般的に推奨されるまでにはもう少し研究が必要です。

アドバイス

近視は進行すると将来網膜剥離や緑内障などのリスクが高まります。環境的要因は工夫で減らすことことが出来るので普段から意識して生活する事をお勧めします。

昨今近視の低年齢化が危惧されております。学校検診で要精査になったら必ず眼科を受診しましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME