メニュー

ボトックス治療

対象となる疾患

  • 眼瞼けいれん
  • 片側顔面けいれん

眼瞼けいれんってどんな病気?

眼瞼けいれんとは自分の意思に関係なく自由に目を開けることがしにくくなったり、瞬きが増えたりする病気です。原因は目やまぶたにあるのではなく脳内から正しい指令が伝わらず目の開閉がうまく機能しなくなるものです。初期にはドライアイと似通った症状がみられます。症状が進行するとまぶたが開かなくなり目が見えない状態になります。

眼瞼けいれん

眼瞼けいれんは50~70歳代の女性に多く男性の約2倍といわれています。
眼瞼けいれんの訴え

 

片側顔面けいれんってどんな病気?

眼瞼けいれん50~70歳代の女性に多く男性の約2倍自分の意思に関係なく顔の片側の筋肉がピクピクする病気です。通常、顔の筋肉は自分の意思で動かすことができます。ところが、顔の筋肉の運動を支配する神経(顔面神経)が何らかの原因で障害されると自分の意思に関係なく目のまわりや口、頬、あごの筋肉が動き、けいれんを起こします。約7割が女性です。

これらの疾患の第1の治療法がボツリヌス(ボトックス)治療になります。

 

ボツリヌス療法(ボトックス注射)

この療法は緊張している筋肉に緊張をやわらげる薬(ボツリヌストキシン)を注射することでけいれんや収縮の原因になっている神経の働きを抑え、緊張しすぎている筋肉を緩めるものです。この注射によって70%以上の患者さんで症状の改善が得られたとされています。但し効果には個人差があり1回の注射で改善する方もいれば定期的に投与を必要とされる方もいます。

その他の治療法

ボツリヌス療法以外に眼瞼けいれんではまぶたが開きやすくなるようにまぶたの筋肉や皮膚を短くする手術もあります。片側顔面けいれんには耳の後ろの髪の生え際付近を小さく切開し、顔面神経とその神経を圧迫している血管とを離して神経に対する刺激を遮断する手術があります。また、眼瞼けいれんでは上まぶたをおさえるクラッチメガネや遮光レンズが症状を軽減させることがあります。

アドバイス

眼瞼けいれんや片側顔面けいれんは放っておいて自然に治る病気ではありません。進行すると完全に目が開かなくなることもあります。
以下の項目に心当たりのある方は一度ご相談下さい。

  • ドライアイの治療を受けても治らない
  • 更年期の症状だとあきらめている
  • 目が開けづらいので外出をひかえている
  • まぶしくて帽子やめがねが手放せない
  • 市販の目薬ではあまりよくならない
  • 人ごみで人やものにぶつかる、またはぶつかりそうになる
  • 危険を感じるので車や自転車の運転をしなくなった
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME