メニュー

緑内障

緑内障ってどんな病気?

緑内障とは視神経が障害されて -見える範囲-が狭くなる病気です。現在中途失明の原因第1位でありその割合は40歳以上で20人に1人といわれています。

image11

どうして視神経が障害されるの?

目の中は目を球状に保つため外側に向けて内圧がかかっています。それがいわゆる「眼圧」というものです。この目のハリが視神経にストレスをかけています。当然眼圧が高ければ視神経に与えるダメージは大きい訳です。ただ視神経にも個人差があり高めの眼圧でも平気な人と正常眼圧にも拘わらず緑内障が発症してしまう人もいます。検診等を受けていれば眼圧が高い人は要精査になりますが怖いのは眼圧が正常なタイプの人です。これを正常眼圧緑内障といい厄介なことに日本人の約半数はこのタイプです。近年眼圧以外の原因の研究が盛んに行われていますが未だ確証されたものはありません。

image18

自覚症状はあるの?

見え方の変化 

通常両目で見ていることもあり初期の段階では自覚症状はありません。この時期は検査をしてみなければ絶対に分かりません。なんとなく違和感が出るのは半分位視野が欠けてからです。そうなってから眼科へ来られても欠損してしまった視野を戻すことはできません。これが緑内障のおそろしい点です。

治療はどうするの?

もうお分かりだと思いますが眼圧を今の値より低くすれば良い訳です。緑内障にもいろいろなタイプがあるのですがどんなタイプであれ眼圧を下げると進行を抑えられることが証明されています。

では具体的にはどうするか?毎日眼圧下降薬を点眼すること。それだけです。歯磨きのように習慣になってしまえば何も大変なことはありません。ただ根治するような類いの病気ではありませんので「一生緑内障と向き合っていく」必要があります。言い換えますと現在の医学では一生点眼が続きます。点眼しながら定期的に眼圧をチェックし視野検査を行い進行がみられた場合はお薬を変えたり増やしたりしながらその人にとっての適当な眼圧値を探っていきます。ただ点眼治療で思うような効果が得られない場合は最終手段として手術になることもあります。しかし合併症が多く出来れば避けたい治療です。

治療の目標は今ある視野をできる限り最期まで保つこと。進行速度や余命を考慮しながらオーダーメイドの治療を行っていきますので長いお付き合いとなります。

アドバイス

40歳を過ぎたら一度眼科を受診しましょう。特に血縁者に緑内障がある方は必須です。

すでに緑内障と診断された方のなかには症状がないため自己中断してしまう方がかなりいらっしゃいます。折角早く分かったのに治療の機会を逃しているのはとても勿体ないことです。緑内障は放っておけば必ず進行します。欠けてしまった視野は絶対戻りません。あとで後悔しないために必ず定期検査を受けましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME