メニュー

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性ってどんな病気?

目の中で一番視力に影響する重要な部分を 黄斑 と言います。加齢黄斑変性はその黄斑が加齢によるストレスを受けることで発症します。欧米では視覚障害の原因第1位となっています。

症状はあるの?

見ようとする真ん中がゆがんで見えたり暗くなって抜けたようになります。

ゆがみ

治療法はあるの?

加齢黄斑変性は目の中に新生血管が発生することで発症します。その新生血管を増殖させる因子を抑制する薬剤を目の中に注射する治療が行われています。ただ根治は難しく複数回の注射を受ける必要があり視力維持のためには定期的な診察が不可欠です。

正常な状態

滲出性加齢黄斑変性

image8

予防法はあるの?

前駆病変と言って発症予備軍の状態が眼底検査で分かります。この段階でサプリメントを飲むことが加齢黄斑変性の治療ガイドラインで推奨されています。現時点では日本ではサプリメントとして出されていますがきちんと有効性が立証されており欧米では処方薬として飲まれています。前駆病変がある場合は発症リスクが高いので定期的な経過観察が必要です。

アドバイス

発症してしまうと治りにくい病気です。なおかつ日常生活がとても不自由になります。よって早期発見が何よりも大切です。眼底検査で発症予備軍が分かりますので40歳を過ぎたら一度眼科で眼底検査を受けましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME