メニュー

硝子体内注射

抗VEGF療法

対象となる疾患

  • 加齢黄斑変性
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈閉塞症
  • 病的近視

VEGFとは上記の疾患の網膜内や網膜下に発生してくる新生血管の増殖を促す因子とされるものです。このVEGFを抑える薬剤を眼球内(硝子体内)に注射することによって新生血管の消退や黄斑浮腫(むくみ)の軽減を図る治療です。特に一部の網膜静脈閉塞症においては治療効果が高いとされています。加齢黄斑変性や糖尿病網膜症では大抵複数回の治療が必要です。

image65

image66

image8

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME